0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軸足の取りかえ

ジャンプする時も
タンジュの時と同じ使い方と
常日頃言われているのだけど
やっと繋がった。

つま先を伸ばしてジャンプ。
(ポジションでのジャンプやソッテの床を蹴る方の足)
ほんと床に向かってのタンジュだった。

ドゥミで床を蹴る感じで足の裏を使って
つま先が伸ばせる。

タンジュの時ドゥミを通ること
足の裏がちゃんと使えていることが
全てに繋がる。

やっと「あ、私使ってる」
と言う意識が目覚めた感じ。
軸足を瞬時に取りかえるパターン
(たとえばパッセやピケだったりの)
軸足の足の裏の床からの離れ方。

よく、もっと床を押してとか蹴ってとか
動かしてる脚であれば脚もっと回して等の注意
これ、タンジュしろって事なのね。
深いわ~。

クッペの練習の時
床から足が離れる時のドゥミの確認が
まさしくドゥミで立ってる時に使わなくちゃいけない事で
本当にドゥミって大事。

トウシューズでドゥミ通ってから
ポアンに上がる下りるの練習は
トウシューズを履くから必要って事じゃなく
バレエシューズの時にすでに空中(跳ぶ時)で
その使い方をしてるって事で
そのくらいしんどいもののはず。

だってトウシューズの時
片足でドゥミとルルベ勢いも付けず
バー無しでやるってすごく大変。

軸足の床から離れる感じが
いつもバーで練習している
タンジュと同じと言うことが繋がったら
軸の安定感が増して
ちゃんと立とうとか足伸ばそうとか床を押すとか
何も考えなくてもよくなった。

足は両足で連動してるから
どこにあっても同じと言うことも感じる。
逆を言えばどっちかの足だけ伸ばして
バランスを取るのは至難の業。

もっと脚遠くに伸ばしてと言われるけど
軸も同じだけ床に向かって伸ばしてと言うこと。

跳んだ時つま先が伸ばせないのは
タンジュを床に向かって出来てないって事。

ルルベ(ドゥミ)で立ってる所から
下りるのがすごく難しいのだけど
これもタンジュで戻ってくる時
順番に足の裏を使うことをするだけ。

ドゥミを通ることを意識しているからと言っても
そこを見せるわけじゃないから
瞬時に通り過ぎるけど
ちゃんと使っていればもっと楽に動けるし
軸を求めてさまよわない。

お稽古で注意されたことを
居残りで練習していて
ね、バーでやってることと同じ事をするだけなんだよって
改めて先生に言われたけど
その、バーで練習している時に
もっとこうして、もっとああしてと言われてることを
センターではもっともっとやらないとダメなんだってわかった。
【 2012/07/06 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。