071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

筋肉だけじゃなく骨

骨のある場所を変えないと
いくら筋肉を回しても戻ってしまう。
アンディオールはずっと回し続けることを言う。

逆を言えば
骨の場所を変えると
ずっとアンディオールし続けられる。

つまり
途中でインに入ったりほどけるような事になるのは
アンディオールしてるって言わないって事だ。

筋肉だけ動かすんじゃなく
骨も動かして。
形だけじゃなくずっとずっと回し続ける。

そのためにプリエがどれだけ大事か。
プリエで常にアンディオールを確認出来る。
外側に力が入ってしまいそうになるのを
プリエが防いでくれたりするんだ。
出来上がった形を注意されるのは
そこに行く課程が出来ていないって事になるんだけど
その出来上がりだけを直して出来た気になってしまう。

アチチュードやアラベスクを直される時に
脚がどこから来る時にダメなのか
よく考えると自分の弱点がわかってくる。

どんな時にアンディオールが出来なくなるか
骨の位置が曖昧になるか
もっとここでやってと言われる場所でやるには
身体をどうすればいいのか

いろいろ考えながら
出来ることを増やしていきたい。

アンディオール出来なくなるような
難しい技は今はちょっと避けたいけど
先生は容赦なし(笑)

己を知ってばかりなり。
【 2012/06/25 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。