071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

上半身もっと背骨に寄せる

ピケのアラベスクで
軸もいいし脚の使い方も合ってる。
ずいぶん良くなった。
でももっとここ寄らないかな~と
ウエストをぎゅっと寄せられた。
ここが寄るともっと楽に立てるからと。

この前までは
もっと腰上がらないかな~とか
全然腰が引き上がってないとか
もっと動かない?とか言われてて
ちょっと腰が上がってきたら
そこから手のひら一個分上がったところの
次はウエスト。

課題は続くよどこまでも
もっとウエストを寄せようと
触られた部分を何とかしようって
いろいろやったけど
何をしたらいいかわからない。
固めちゃダメだし・・・

で先生がこんな風にやってごらんと
背中を触らせてくれる。

そうだよ。
答えはウエストだけど
原因はそこじゃない。

ウエストが寄るために必要なことは
いつも注意されてることだったりするんだ。

もっと胃を閉じてあばらを上げる。
ウエストが寄る場所に立つ。
肩や胸で呼吸しない。

結局上半身と下半身の伸びが
まだ繋げられてないって事なんだな。

先生の注意は見える形だったり
結果だったりするけど
やらなくちゃいけないことは飾り付けじゃなく
中身なんだよ。

飾りは整えても張りぼてだから
動いたとたん壊れてしまう。

クリスマスツリーみたいなものだ。
パッと見綺麗だけど動かないから綺麗。
キラキラしてるし。
でも動くと飾りはあちこち吹っ飛んで
拾って飾り直さなくちゃいけない。

それより籾の木の美しさを追求。
そのためにレオタード着てるんだし。

ピケのターン
軸のあるところで回ってない
出来てないのに出来てしまうのは
足の出す位置を自分のやりやすいように
ずるしてるから(笑)

もっと遠くに足を出してと言われる。

遠くに足を出すと
言われた回数は出来なくて
鏡にぶつかるから自分でセーブしてると気が付く。

鏡にぶつかってもいいやという気持ちで挑むと
ちゃんと脚がロンド出来てる感覚がよみがえってきた。
そうだ、これやりたかった。

でもやっぱり鏡にぶつかるのはいやだし
言われた回数出来ないのがストレス。
足が長いって損(笑)

ジュッテなんかも絶対に3回目は鏡。
だからどうしてもセーブする。

そう言うことがいいのか悪いのか
思い切りやるって事から
最近遠ざかってたかも。
【 2012/06/14 (Thu) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。