071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もっと開いた(回した)ところ

そう、いいよ~ドロシーさん
リンバリングで
私が何に気を付けてるか
わかってもらえてすごく嬉しいレッスン。

そして歪まなくなったよね~
後ろタンジュがとても良くなったと
プリマ先生に褒められて
凹みムードからちょっと浮上。

ゲンキンなヤツだ(笑)
大人だからって容赦はしない先生なんだけど
さらに生徒自身がもっと厳しいところで
やろうとしなくちゃいけないと。
次にステップアップするお許しが出た。

ただ頑張り所を間違わないように。

最大限から少し負荷がかかるように。
そこでやらないと次にはいけない。

登ろうとしないと登れないって事だよね。
出来るところで甘んじていると
そこから先には進めない。

ちょっと無理して開かないと
身体も上がってくれないし
最大限から次にわかることが
永遠にわからないって事。

グランバットマン
伸びていることが感じられるかどうか
リンバリングした時に痛いところが痛いはず。
ああ、こういう事がわかるようになった。
すごい進歩だよ。

ソデバスク
やるべき事を端折らない。

プリエとタンジュの組み合わせを
つなぎ合わせてなんとなくその形になれば
いいわけじゃなく
出来てる風と言うのはダメ。

ちゃんとポジションを意識する。
ちゃんと出来るようになったら
端折ってもいい場所を教えるから(笑)

そう言うことだったのか
基本が出来もしないのに端折ってばかりいるから
わけがわからなくなる自分を発見。

ゴットハンド先生クラスでやってることが
あまりにも出来ないのは
端折りまくってるからって事。
出来ない理由がわかったら
あとは自分で克服していけばいい。

センターでのプリエ、
もっと開いたところで出来るようになるといい。

動きの中でのプリエが
もっと意識してやらないと
あまり注意されないから
形だけで満足してるかもって自分で思った。
【 2012/06/10 (Sun) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。