0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

重点二種

要チェック要課題中のアラセゴンのアムス
プリマ先生の久しぶりお直し。

最近は口答でのお直しが多いし
言うと自分で直せるし、自分で出来ることが大事と
目に余るくらい出来てない人(ごめんね)意外は
遠隔コントロールされている。

で、私のアラセゴン
この前教えてもらった場所にやってるつもりでも
出来てないって事でしつこく直された。
感覚としては
めちゃめちゃ腕も回してますって感じ。

脇とか肩胛骨とか肘とか
すぐ楽なところに行っちゃうんだなって思う。
形は合ってるけど
中身が合ってないから
使えないアムスって事になる。

色んなところが動かなくていいところが動く。
これだけ理屈でわかってるんだもの
もう少し出来たらいいのにね。

それともう一つ
軸足のアンディオール。

だいぶ真っ直ぐになってきたけど
まだねじれて膝下だけもしくは足首だけ
外向きになってる。

これは全員ですって言われて
大きくうなずいたところ
自分でそれがわかるようになったことが
偉いって言われた。

これは本当に地味に訓練して
そうならないように、
そうすることは「悪!」くらいの気持ちで
克服して行かねば怪我する。

センターでアンディオールした脚で動くことは
付け根から真っ直ぐねじれないで立って
脚を動かすことが基本。

グランバットマンの時に
アンディオール出来なくなるくらい
脚を高く上げないでと叫びまくられたけど
ここに気づけるかどうかがすごく重要って思った。
【 2012/05/06 (Sun) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。