091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

背骨とアムスと肩

身体から一番アムスを遠くに離せるのが
アロンジェの時だから
背中にちょっと迷いが出てきたら
アロンジェになって確かめる。

ここでしっかり確認できると
安定感+アルファで
骨が整う感じだから
ピルエットでもなんでも来い!みたいな(笑)

なのでアラセゴンでピルエットとか
意外に安定していて
回りきった後に軸が真っ直ぐなのを確認出来る。

ずっとこの背中でいられることが
とりあえず目標。

アンナバンで回るって難しいのよ。
アムスを遠くに離したいのに
近くに持ってこなくちゃいけないから。

肩が上がってしまう人が
もっと肩を下げてと言われるけど
これは結果で原因ではない。

なんで肩が上がってしまうか考えると奥が深い。

脇とか腹筋とか背筋とか
様々な筋肉、
その人の持つ筋力が関係してると言うこともあるけど
肩も股関節も使い方は一緒と言う観点から考えると
肩関節にすきまを作れていないから
腕が遠くに引っ張ることが出来ていない。

脚で言うところの前腿使いと原理は一緒。

プリマ先生が
どっちかが出来たら両方出来ると言っていたけど
どっちかしかできないって事はないんだと思う。

どっちかが出来てないって事が目立つだけで
どっちかが出来てないって事は
要するにどっちも出来てないし
やるべき事をわかってない。

疲れてくると肩が上がるって言うのもあるけど
そこはまた次の段階。
疲れてないけど肩が上がるって話。

この前息子と腕と上半身の筋トレをしていて
美しい筋肉を育てるためには
正しい骨格じゃなくちゃダメって話になった。

歪んだ骨格に美しい筋肉は育たない。

で、肩とか二の腕とか背骨とか
どこにあるのが美しさの基本なのか考えたとき
骨レベルで身体を考えて
どうあるべきかを意識していくことをしなくちゃいけない。

美しいアムスって言うのは
手だけじゃなく上半身そのものなんだから。

どうなりたいか考えなさい
思わないとならない
とプリマ先生に叫ばれるけど
漠然としてることは一生漠然としたまま。

アムスが出来ないんだよね~とか
アムスが難しいって語ってるけど
やっぱ背中と言うか腕が着いてる
肩周りの使い方が難しいって事だから
肘や手首のせいにしてそこだけ直しても
一瞬しか直らないって事。
【 2012/05/03 (Thu) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。