061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

矢印の方向

床を押して上下に伸びている。
その時の身体の矢印の方向。

ちっちゃい上下の引っ張り合いが
身体中で起こっている。
だから隙間が出来る。

プリマ先生の注意はレベルが高い。
バレエ仕様の身体で
本物のバレエを踊ることが目標。

だから間違った使い方をすると
許してもらえない。
いや、間違ってもいいんだけど
間違ったままにしてるとそこまでって事。
「みんながやってくれなくても私あきらめないからね」
「あきらめてる人は念書書いてもらうから」
「ちょっとずつ良くなってるからもっと良くなるはず」
「みんなを見てると私は間違ってないって思える」

おっしゃるとおり
プリマ先生のお稽古受けてると
身体がどんどん敏感にそして繊細になって
いろんな事が見えてくる。

プリマ先生に習い始めた頃
何度もきもいからそう言うのやめてと言われた。

基本が出来てないのに
形だけあやつけてそれっぽいことやってた。
今本当にそこが解明されている感じ。

なんとなくやってるから
ずっとなんとなくから脱出出来ない。
このなんとなくを正しくやるとどうなる?
結局バーでやってることなんだよね。

バーレッスンでやってることを
センターでアムスと方向がプラスされると
とたんに迷子になる。

出来ない種類が変わってきてる。
正しくやろうとすると正しくできないところで引っかかるんだけど
正しくないやり方でなら出来る。
でもこれは出来るとは言わない。

正しくないやり方で出来てると言うことに
気が付き始めたら
自分でやっててもその出来なさが本当に気持ち悪い。

見てるメイトさんが
ドロシーさんが自分で感じてるほど
ひどいことにはなってないよって言うんだけど
自分でこうしようと言うことが明確じゃないから
自分の中ではやっぱり曖昧。

ここを抜け出さないと
正しくはできないって事なんだろうな。

お稽古終わって研究会。
いつも言われてるアキレス腱のあり方。
最近の注意の膝下の使い方。
足首の折り方。
足の裏。
床を押すことと上に伸びることの矢印の方向。
背骨のすきま。

細かく感じられるようになると
先生が言ってたのはこれだ!
みたいな答えが導かれる。
【 2012/04/07 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。