091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お尻の筋肉の所在、適材適所

ドロシーさんはいらない肉なんてないよ~
全部必要ですって言われたので
ドロシーさんは常に考えている(笑)

この、いらないと感じてるお肉に
どんな使い道があるか。

つまり食費に使うように決められてるお金なのに
つい?靴とかバックを買ってしまうみたいな?(笑)
食費ってどこまでが食費?みたいな?(笑)

なんなのこの肉
何のためにそこにあるの?

肉?
食費だか肉の話だか混乱してきた(笑)
お尻の筋肉の話。
ある意味、そこにあるから使ってしまう。

もっと伸びて離して回せば
よっしゃ~私に任せろとばかりに
勝手に起動することはないわけで
そうしておけない理由はいろいろ。

ちゃんと収まる場所に収めておけば
正しく使われるし余計な動きはしない。
ちゃんとバレエで使われるべき役割がある。

も~っと上半身を上げなくちゃ
そう出来ないのがここ数日でわかってきた。

ちゃんと適材適所につくと脚の形はもちろん
お尻の形が全く違う。
背骨、特に仙骨のあたりがスッキリ見える。

そうなろうと
お尻の表面で何とかしようとするから
先生にお尻使うなとか力入れないとか
固めないとか言われるんだよね。

根本は
結局のところストレッチ不足。
リンバリングでこんなにも
お尻がほぐせるんだと言うことも判明。

今まで何やってきたんだか
上っ面しかリンバリング出来てなかったのね。

腰はもとよりお尻ほぐし。
出来てるつもりだったけど
全然足りてなかった。
【 2012/03/16 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。