0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

筋肉のゆるみと縮み

ディベロッペの軸
もう何万回も言われてるけど
床をしっかり押して伸びているから
脚を高く上げられる。

脚を高く上げることばかり考えていると
軸の意識がなくなり腰が落ちてゆるむ。

外腿で持ち上げてたり軸がゆるんでることに
気がつかないことが問題で
いつも注意されてる人を見ると
身体の柔らかい人が陥りやすい罠って感じ。
正しいことが身体でわかってくると
自分の最大限正しく上げられる場所が
ここ~?って感じ。

思ってたんと全然違って
90度くらいしか上げられないんだけど
そこでがんばり続けることに意味がある。
そしてその90度が一番辛い角度だったりする。

ピケのマネージで
なんとなくそれっぽいことは出来てるんだけど
バレエの決まり事を守っていない。
その形にはなっているけど出来ていない。

基礎の先生はもう全部教えたから
あとはいつも自問自答していなさいと言った。

その答えがこれだ。

難しいことも分解すれば
いつもやってる基本の組み合わせ。

ロンドするプリエする片足で立つ
パッセになる下ろす5番ポジションになる。

習ってる基礎を応用しているかどうか。

やってない・・・

アンディオールを
ひとつひとつを意識してない。

昔出来てたと勘違いしてたやり方(笑)
パッセの形になって回ると言うような
かなりおおざっぱなやり方を無意識にやってしまう。

身体が変わってきたから
昔に比べるとバレエっぽさは増してるかもしれないけど・・・
どこで写真撮られてもバレエになってるか。
ぽいってことはNOだよね。

バーでやってることをセンターでやってない。
それがいろんな事が出来てない理由。

居残りで股関節の意識とリンバリングの研究。
アンディオールしながら骨盤周りを意識する。

骨を伸ばすとか大腿骨を引き離すとか
骸骨をイメージして腹筋で
上半身を上に引っ張りながら開脚していくと
ほぼ180度開脚出来る方向に向かっているのがわかる。

で、初めての感覚があった。
開脚してる内側がつま先方向に伸びて
外側(足を開いて後ろ側)がお尻方向に伸びてる感じ。

感覚としてそう感じるだけで
実際がどうなのかはわからないけど
いや実際もそうだよね外側の山折りが近づいてるんだから。
両方つま先に伸びてるわけじゃないけど伸びてる感覚。

いままで出来そうなんだけどとか
骨格的には出来ると言われてた180度開脚
開脚の邪魔をしてるのが
やはりお尻の筋肉の縮み。

リンバリングでお尻と脚をしっかり切り離して
ストレッチすることが始まり。

リンバリングを形だけやっても無意味。
目的を持って正しいことをやらないと。

自分の身体の柔らかさを
出来てるって思っちゃいけない。
まだまだ先がある。
【 2012/03/14 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。