071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

背骨とアムスと首の連携

横のリンバリングでの顔の付け方が悪いと
いつだったか注意されて
全く使い物になってないことを自覚し
注意するようになってはいたのだけど
これがまたセンターで活かしきれてなかった。

同じ事を違う場面で応用すると言うことが出来なくて
と言うか気がついてなくて
ほんと普段何練習してるの?って思う。
形は直ってたけど中身が直ってなかった。

ディベロッペの時私どこを見てたんだろう。
注意されたのは横のリンバリングだったけど
違う場面でも全部出来てないって事だったのに。

でも気がついたからいいや(笑)
次回からはちゃんと出来る。
ディベロッペで脚を上げるまではいいのだけど
そこから下ろしていく課程でいろんな事態になる。

そこの解決方法が
背骨とアムスと首の連携。

使ってない方のアムスの気がゆるむので
めちゃめちゃ気を付けていたけど
背骨と首の連携をはかってなくて
二の腕とか脇とか腰とか軸とか腹筋背筋いろいろ意識して
いい時もあるけど注意しきれなかったって感じ。

居残りで先生に見てもらいながらあれやこれや
もっとスムーズに流れるようにと言うところで
彼女ならどうやるだろうと言う上手なバレリーナのイメトレ。

中身はどうあれまずは見た目(笑)

首の付け方を変えたら背骨とすっと繋がって
ディベロッペの軸が今までになく安定。
ああ、こうやるんだ!と言う確信。

背骨とアムスと首がお互い手をつないだのがわかった。

注意されるところの部品はもう何十年もやってるから
ある程度は出来てるんだけど
お互いの連携が悪いからダメなんだと思う。

だからポーズはなんとなく出来てるっぽいけど
動くとダメだねって言われるゆえん。
大人はそう言う人多いと思う。

とにかく最近の意識ポイントは背骨。
そこに全ては繋がってる。
【 2012/03/07 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。