0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディベロッペの軸とジュッテ

またもや軸が流れている。

わかっていてもそう簡単には直らないのよね
なんなの?この悪い癖(笑)
ここが直らないと先に行けない。

で、先生が
まずはルルベの一番高いところで
ディベロッペの足も一番高いところにと言う注意。

この意識だけで
みんな格段によくなる。
そして
身体の使い方のよく似たメイトさんと
軸が流れる悪い癖研究会(笑)

このディベロッペになる前の
プレパの軸がもうそれはダメでしょうと言うことに気がついた。
全ては悪の連鎖(笑)

バーでやってる5番でも4番でも
センターに行くとなんとなく
バレエっぽいことをしてる。
なんだろうねこの気のゆるみというか緊張感のなさ。

本当にどうしてこう繋げて考えられないんだろう
バーとセンターで違うことをしている。

メイトさんに見てもらいながら一緒に
ディベロッペ、シャッセ、ジュッテの一連の動きと軸の行方を
ひとつひとつ分解してみる。

どこでダメになるんだろう。

行き詰まってたところで先生登場。
ジュッテの踏み込む足が流れているから
バーでやってるジュッテが出来てない。

先生がビフォーアフターで悪いのといいのと見せてくれて
使ってる筋肉を触らせてくれた。

メイトさんはひらめきがあったみたいで
そう!掴んだねと先生に言われ
何度か跳ぶうちにあ、出来た!あ、今ダメだ、と
自分でいい時とダメな時の感覚を得たみたい。

私はダメなのはわかるんだけど
どこを直したらいいかわからず・・・

で、先生がジュッテのサポートで持ち上げてくれて
出す足と一緒に身体がついて行ってる事がわかった。

脚、股関節から離せばいいだけだった。

ジュッテで出す足に骨盤が取られる
その修正を骨盤で何とかしようとしてたみたい。

もっと脚を離さなくちゃダメで
グランバットマンの脚の放り投げると言うことが
どういう事なのか初めて繋がった。

言葉でわかってはいても
実際には全く出来ていなかったのね。

バーで脚を放り投げる練習をしてるんだから
それをやるだけでいいのに
軸を取られないようにとか
骨盤が取られないようにとか
結果だけを見て考えすぎていた気がする。

軸が取られるとか流れるとか
結局軸だけの責任じゃないって事。

バーでやってるタンジュやデガジェやジュッテを
正しい身体の使い方でやっていれば
センターでバーがなくたって何も変わらない。

バーにつかまってどんなレッスンをしてるか
もう一度考えた方がよさそう。

骨盤ずれたりねじれたり
バーにしがみついたりと
なんの練習をしてるかわけがわからなくならないように。

いいかげん脚を離して回しているから
その形になるんで
その形になろうとして見た目で動かすって事を
卒業しなくちゃいけない。
【 2012/02/17 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。