071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディベロッペの軸とクッペ

ああもう本当に
自分のできてるっぽい感じが悲しい。

全然出来てなんかいないのに
なんかそれっぽくて
出来てる風な雰囲気をかもし出して
踊っている自分がイヤ。

何が出来てないかわからないまま
雰囲気だけ踊ってレッスン終了とか
もう本当に情けない。

先生の注意はもちろん大事なんだけど
形を注意されることが多いから
自分で直すべき事を変換しなくちゃいけない。

お稽古中完全に変換ミス。

でも居残りの研究会で解決。
つきあってくれるメイトさん
いつもありがとう。
注意されたのは
ディベロッペの軸が流れていること。

もうこれはディベロッペに限らず
全てに置いて私のダメダメな弱点。

パのスタートのディベロッペから
わけのわかんないことになってるんだもの
次のシャッセに繋げられるはずがない。

やりたいことが全く出来ず
音に追われて準備が出来ないまま
次のパに流れていく。

どこに向かって何をしたいかの意識が
ところどころなくなる。

そして同じようにところどころ意識不明のメイトさんと
私たちはなんでこうなるのか?
いったい何をしようとしてどこの何が出来ないのか。
分解して研究。

わかったこと。

軸はプリエとアップしかしてないと言う
ものすごく当たり前のこと。

プリエアップした軸はまた次のパのために
プリエに下りてくる。
そこに行く方向と出してる足の変化が加わってると言うこと。

ディベロッペはこうしてああしてと
山ほどある注意事項に惑わされ
プリエしてアップしてまたプリエするという
当たり前の作業を軸がやってなかった。

なんて言うか優柔不断って言うか
他人に流されやすいって言うか
自立してないんだねこの軸(笑)

動かしてる足ももっと開いてと言われるけど
クッペを通っている時に
もう行く道は決まっている。

ここをちゃんと通ってないから
どこに向かって足を上げているかわからなくなるし
軸がしっかりプリエアッププリエと繋がっていないから
自分でわけのわからない
バレエに似たことをやってるだけになる。

ルルベしたらプリエで下りる。
方向転換を曖昧にしない。
出来上がりの形に惑わされない。

そしてディベロッペの足の上げ方ばかりに気を取られて
どう下ろしているかが結構ないがしろにされている。

いろいろ振り返るといろいろな場面で
下ろし方が曖昧な気がする。
移動がある時に5番にしまってから行くのか
4番なのか、ポアントタンジュなのか
自分の中の何が曖昧なのかが解明されつつある。

正しくバレエの基礎を積んでる人には
当たり前に出来ることが
見よう見まねの得意な大人にかかってしまうと
パとパのつなぎがうまくいかないってのは
こういうところなんだな。

プリエアップの連続が難しいのは知ってるけど
区切り方すら固定概念にとらわれているんだわ。

たとえばエシャッペやススなんか
上にアクセントじゃなくプリエにアクセントで
プリエアップを練習してみるのもいいかも。
イメトレだけでも。
【 2012/02/15 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。