091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

足の裏を伸ばす

とにかく指も土踏まずも何もかも伸ばしてみる。
伸ばしたところから始める。

指をめくったり開いたり閉じたり
土踏まずをストレッチ。

普通に手で考えると指伸ばしてとか
思い切りパーにしてと言われて
手のひらを伸ばさずに指だけ伸ばすなんて神業。

先生の足が手のひらみたいに使って見えるのは
そう言うことが日常って事なんだわ。
わざわざストレッチしなくても
ストレッチされてる使い方になってる。

よく足を床に置いただけにしないでとか
床を押してとか言われるけど
ストレッチされていれば足の裏も敏感になる。

後ろタンジュのカンブレで
後ろタンジュの雑さと
カンブレの適当さを注意された。

正しいところでやらないと
何に困ってるかわからなくなる。

いつも気をつけているように丁寧に後ろのタンジュ、
そして真っ直ぐ上に伸びてから丁寧に後ろにカンブレ。
そうでしょう~、さっきそうやってなかったよねと。

本当になんてもったいない。
身体に感じることが全然違う。
背骨が真っ直ぐだと感じながら後ろに反れる。

後ろタンジュでカンブレに限らず
他のクラスで何度もやってるからと
慣れでやらない。

同じ出来てないと言う言葉でも
出来てないことの中身が、種類が違う
だから正しいことをやらないと迷う。
何に迷ってるかわからないまま出来ないという言葉と
感覚だけ次に引きずっていく。

プリマ先生が
今までと違う注意をします。
ここまで出来るようになってきたから新しい注意です。
そう言ってお稽古を進めてくれた。

なかなか前に進んでくれなくて
ずっと同じ事の繰り返しからちょっとだけ進歩した気がする。

こんなに時間をかけて丁寧に
大人の身体と向き合って進んでくれる先生は
そうそういないと思う。

難しいことやりたいんだけど
やっても出来ないんだものと言われる
やっても出来ないという中身の重要さを
最近しみじみ感じる。

プリマ先生クラス意外でやってることは
実力以上のことって言う認識をもっと持たないと。

基礎クラスのお稽古の中身はプリエとタンジュがほとんどで
どれだけ正しさに近づけるかと言うお稽古。
積み重ねた人だけに未来がある感じ。

経験してることを慣れで
出来た気になってしまわないように
本当にしっかりやらないといけない。
【 2012/02/13 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。