071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

解決の道はアンディオール

プリマ先生にずっと言われていた
アンディオールして踊ることがバレエです。

アンディオールがわかれば悩みは
全て解決するから早くわかるといいねと言うセリフ。

しみじみと、いまさらながらにその意味が
やっと心技体でわかった(笑)

プリエが出来ない
タンジュが、
アラベスクが、
跳べない
回れない
他のクラスでやってるいろんなアンシェヌマンも
この前やったパドカトルでの
いろんなつまずきも
軸が流れるとか
アムスがどうのとかも
全部全部出来ない理由が繋がった。
ミシンの仕組みに似てる。

下糸に糸が通ってないのにミシンかけてた感じ。
上糸は表面縫ってるように見えるけど見えるだけ。
ミシンの操作もできるし生地も揃ってる。
でも下糸が通ってないからすぐほどけてしまう。

そして縫えないって思ってる。
何で縫えないんだろうって思ってる。

まず、下糸に糸を通すことを知ってるか知らないか。
バレエがアンディオールして踊るって知ってるか。
針に下糸が通ってないことがわかれば
針に糸を通さなくちゃいけない。
糸が通っていれば縫える。

ただ、人によって持ってる針も糸も生地も縫うものもみんな違う。

アンディオールしなくちゃ
やりたいことがやりたいように踊れないって事だから
基本はプリエやタンジュと言う形ではなく
本当に付け根から回せるかどうかって事なんだな~。

プリエとタンジュが出来れば踊れますと言うのは、
あくまでもアンディオールされた脚でと言うことで
そうしてない脚でやることはプリエと言っちゃいけない気がする。

プリエは膝の曲げ伸ばしではないと
何万回も叫ばれてるのはそう言うことだよね。

ここのプリエがどうしても入れないとか、
ここで軸が流れるとか
結局はアンディオールが出来てるか出来てないかだから
開いただけで出来てるつもりになってたら
一生出来ないって事なんだな。

注意されることを脳内でちゃんと変換していないと
その形だけ直して出来た気になってしまう。
根本が解決してないから
何度も同じ注意を受けると言うことになる。

プリマ先生が言う
グランプリエで本日の調子がわかるというのも
5番のススですぐはまることもあれば
2時間やってもダメな日があるって言うのもすごくわかる。

私なんかすごく調子がいい日の記憶を
ずっと追い続けてる感じのレベル。
そんな日はお稽古やめたくない、
明日になって欲しくないって感じ。

出来そうなのに出来ないのは
アンディオールが出来てないから出来なくて当然。
出来てる日もあるってところが救い。
【 2012/02/06 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。