091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

床を押す力

もっと床を押してと言われる。

押すために何をすべきかが
正しく行われないとバレエではない。

目的は床を押すことではなく
目的が達成されると床を押して身体が使える。

アンディオールすれば解決することのひとつ。

シュスのアンオーではだいぶ押せるようになったけど
片足パッセの連続になるといろいろなことが起きる。
もっと床を押してと言われた時
出来てるふりをして
肩でバランスを取っていた事を自分で感じていた。

バランスを取ることに気を取られていたし
アムスも不安定だったから
アンディオールしようと身体が動いてなかったって事。

プリマ先生にいつも
回そうとしたらもっと上がるし
落ちてる暇なんか無いのって叫ばれるのは
他のことに気を取られるから。
まず何が起きようと回そうとすることが
バレエの始まりなのに。

もっと仙骨前って言うのも
もっと首を楽にって言うのも
もっと伸びてって言うのも
全部アンディオールすれば繋がってくる。

それをするための軸をしっかりしないといけない。
上下に引っ張り合う軸。

アラベスクパンシェの時に
「もし背中に子どもをおんぶしていたら
みんなの子どもはパンシェしたとたん転がり落ちるよ。
落ちないのは先生だけだ(笑)」

そんな意識でパンシェ。
「背中しっかり~子ども落ちたら訴えられるよ~
ほら~、みんな意識すれば出来るんだから~。」

もう子ども落ちたら訴えられるに
一人心の中で大爆笑してたんだけどみんなはスルー。
もう、おかしくておかしくて
みんなはおかしくなかったのかな~。

もう~誰の子ども?誰が訴えんの?とか(笑)

いやいやそんなことは置いといて
このパンシェというかアラベスク。
子どもの頃やってて再開した方がさりげなくとても美しい。

しっかり立つために軸足をもっと伸ばしてから動くとか
脚は上げるんじゃなく伸ばすと言うことがとてもよく見える。
無意識に身体がそう使えるようになってる感じ。

きっと本人は再開したばかりで
不本意なこと多々あるとは思うけど
さりげない仕草がとてもバレエ。

ああなるほど、
こんな風に身体を使うんだって言う事がいっぱい見えて
とてもお手本になる。

私なんかまだまだそれっぽいだけな気がする。
【 2012/02/03 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。