071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

諸悪の根元はバーのアムス

バーのさわり方つかみ方頼り方
ああもうっっひどいひどすぎる。
そしてそんなに自覚がないのが恐ろしい。
いや、ダメなのはわかってた。
でもそこまでダメって自覚してないってこと。
そのダメなのがセンターのダメなアムスに繋がってるんだよ~。

勉強不足。
認識不足。
研究が足りない。
改めて自分のダメっぷりを再確認。

いつも注意はされてるんだよね。
そんな風にがしっと掴むと嫌われるよとか、
王子様の手だと思ってごらんとか
必要以上に頼るなとか
引っ張るなとか
バーの手離せますかとか言われて確認したり
いつでも離せるように覚悟をしてたりもするけど
それが全然身に付いてない。

注意されていけないことを知ってるだけで
そうしないようにって半分も実践されてない。
全体注意はあっても個人的に直されることは少ないし
バーの使い方が正しいからとか美しいからとかって
誰かのバーのアムスを注目して見たこともない。
変な人は変だよって思っては見てるけど。

結局自分のダメな使い方を
ちゃんと意識して直さない限り
思ってる以上に直すのって難しいのかも。

バーの正しい頼り方って言うか使い方って
口答で言えても手がわかってるようでわかってないんだもの。
この無意識なバーの使い方を
何年もやってるから私はセンターで
いちいち悩まなくちゃいけないんだ。

このたくましい二の腕は
このバーによってたぶん作られてる。
だって力仕事なんかほとんどしてないのにこんななんだもん。
【 2012/01/28 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。