071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

慎重になりすぎている

軸のことを考えすぎて
作らなきゃ~、見せなきゃ~と言う思いが強すぎ。

そして挙げ句の果て慎重になりすぎて
出来ることも出来ない状態。

今やってる実力以上のことは出来ないんだから
上手くやろうとせずに自分の持てる力でやればいいだけ。

バランス崩れたって何したって
どうなったって私は私以上にはなれない。

いろいろやろうとしてることが
裏目に出てる感じ。
ゴットハンド先生に
ああとかこうとかサポートしてもらいながら
本当に手取り足取りの指導。

みんなそれぞれに課題を抱えて
少しでも良くなれるように自主練
それに付き合ってくれる先生。
練習すればしただけ自分に返ってくる。

本番まで3週間。
万全の体調で臨みたい。

なのになんだかここ数日腰が痛いのよね。
動きを慎重にさせてる原因もここにあるかも。
ギクッと来たら取り返しが付かないから。

で、改めて気が付いた自分の癖。
ギクッと来ないようにタックインさせて
腰をかばう癖があるってこと。

そしてその癖って、そうすればそうするほど
腰に負担がかかってるの。
違うやり方で乗り越えないと。

ふと鏡を見て感じた自分の姿。
タックインってお尻の綺麗なラインを崩してるんだ。

背骨をナチュラルに。
中年以降の体型の崩れって
こういう背骨ラインの崩れって事なんだってわかった。
おばさんがおばさんたるゆえん。
いや、若い人でも崩れてる人はいっぱいいる。

若々しくいたかったら
美しい背骨ラインが美しい筋肉を作るって思っていないと。
背骨ラインが美しくあれば
脂肪が女らしいまるみという風に表現できる。
【 2011/12/02 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。