071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心も強く

次々出される課題。

バレエやってる間
内腿に意識がなかったらバレエやっちゃダメでしょ。
アンディオール出来ない人は
バレエなんか踊っちゃいけない。

だからバレエやってる人は
必死でバーレッスンするし
必死でアンディオールを追い求める。

プロフェッショナルの
プリマ先生達が必死でやってることを
簡単に考えちゃいけないって事なんだけど
そんな事言ったら一生踊れないかもなんて
心の中で思いながら
でもやめないのよ私たち(笑)

そして
ここまで出来るようになったから
更に次って事で進化して行く心づもり。
何を言われても食らいつく。

どんなに上手な人でも
やめたらそこでおしまい。
どんなに下手くそでも
続けることにとても意味がある。
出来てないから出来てないって言う。
ダメだからダメって言う。
進む方向が合っていればそうって言う。
直球だからそこが辛くて来なくなった人の気持ちもわかる。
でも、長くやってるとそこが一番知りたい事になってくる。

自分をごまかさずにバレエと向き合うことが
上達の一歩だから。

お稽古終わってから
自主練タイムにまたしても発見。

ピケのアラベスク
ピケのストゥニュー
ちゃんと見せる!ざわざわしない!
と言うダメだしの練習中
右はそこそこ出来るけど
何故こんなにも左があわあわしてダメダメなのか。

プリエが出来てないんだよねと
プリエの確認。
中途半端なプリエの軸がいけない?
もっと床を押す?
その前の5番ポジションがいけない?
ピケの足の出す方向?
身体の向き?
もう全部だよ(笑)

そんな中
プリエタンジュそのものが曖昧だった。

バーでやってるプリエタンジュになってない。
2番、または8番の方向に
身体が向ききってないのにそこに行かなくちゃと
ピケをしようとしていた。
動線は合ってるけど身体がそこに対応してない。

この方向の曖昧さ
骨盤の向きの自覚の無さがあらゆる所に出てくる。
動かないバーでは前横後ろは明確だけど
センターの方向は場所じゃなくまず自分ありき。
方位磁石を合わせてないって事なんだ。

動線がぐちゃぐちゃでどこに行くかわからない人と
一緒に踊るのはイヤだって感じるのはそこ。

ここに脚を出すって漠然と注意を受けたりするけど
それが何を意味してるか
ちゃんと身体でわかってなかったんだな。

プリマ先生が
何をしてるのかわからないってよく叫ぶのは
○○をしてると言う明確な意識の無さ
○○みたいな事をしてるって言う曖昧さ不透明な部分。

ああ、これでもう少し
ピケが出来るようになるはず。
出来なくても何をやろうとしてるか伝わるはず。
【 2011/11/27 (Sun) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。