0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

見せ場は軸

上げた脚を高くする事よりも軸。

前にディベロッペ。
しっかりポアントで立って軸を見せてからプリエ。
ピケアラベスク
これもしっかりポアントで立って軸を見せてからプリエ。

その方が自分のためなんだよね。
そしてそうすれば崩れないでプリエ出来る。

すべてに軸を感じられるように。
そこが今の課題という感じ。
そこが素人っぽさをかもし出す原因。
先生が
みんな一生懸命練習してくれるから嬉しい。
注意したことちゃんと練習してくれて
どんどん良くなっていくから
教えてても楽しいって言ってくれた。

もちろん、私たちも
今までの舞台の中で一番と言っていいほど練習が楽しい。

山ほどある課題をひとつひとつ
どうして出来ないか、
どうすれば出来るか、
みんなで研究しながら、
先生の的確な指導をかみ砕きながらやっていく。

先生がここはもっとこうしてって言うことには
深い意味があって
そこをちゃんとすることによって
次のパの出来ることに進化していく。
先生の注意は宝の山でそこに
私たちが出来るようになることが隠されている。

もちろんそれぞれに癖があるから
先生に注意されることも違うし
フリが微妙に違ってたりするから
個人個人で課題は違うけど
全員の全部の注意がとても重要。

ひとりだったら絶対に見えない部分を
仲間同士で見合って
こうすると出来るよって教えあい
自分の見えてない癖をしつこく気にとめてくれて
何度も注意してくれるのが本当に嬉しい。

メイトさんが人に教えると言うことが
自分の確認にもなってすごくいいって言ってたけど
ピンポイントでどうして出来ないかが
分かり合えるって状況がとても良い感じ。

このおさらい会の練習で
ごまかさないでバレエに向かってるのがわかる。
出された課題を次回には直して次の課題をもらう。
そんなことの繰り返し。

ドロシーもっと深い5番出来るよ。
もっとアンディオール出来るよ。
この言葉でさらに頑張れる。
【 2011/10/12 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。