0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脚を開いた形と脚が回ってる形

付け根で回した結果が開いた形になるのであって
開いた形を作っても回ってる形にはなってはいない。

つま先や膝をもっと外と言われてポーズを直す時
股関節から付け根を回すと言うことを
始めのポジションからからやり直さなければ
出来るわけがない。

やってる途中から直すなんて事が
どれだけ難しい事なのかまだわかってない。
そんな技術がある人はここにはいない。

もう、何度も言われている
開いた形と回してる形の違い。
似てるけど中身が全然違う。

すぐその形になろうとするけど
正しい通り道を通らないでその形になる事は
プロでも出来ない。

ちゃんと回してないから
いろんな不具合が起きる。
回していたら脚が縦になんかなりようがない。

回していたらしっかり床を押したくなる。
形だけ作ろうとするから床を押せない。

ちゃんと回してたら正しく筋肉は使われる。
上半身や脇が落ちるなんて回してたらなるはずがない。

回せてる人が上がってないなんて事にはならないって事だ。

上げないと回らない。
上げただけでは回らない。
回さないと上がらない。
回すと上げずにはいられない。

いつの間にか落ちてるとか、
気が付くとゆるんでるとか
やってるうちに落ちてくるのは
筋力不足か意識不足。

とにかくこの、大腿骨の付け根を回さないことには
何も始まらない。
どんな注意もここが出来てないと形だけになってしまう。

つま先だけ外向きに気を付けても、出来てるっぽいだけで
実際はアンディオール出来てないんだからバレエじゃないと。
そんなバレエっぽいことをして何になるのかと。

アンディオールを教えに来てるんだから
アンディオールをやってちょうだい。

少しアンディオールが出来るようになってきて
もうそんな形だけのバレエっぽいことを卒業して
本物にならないといけない。

言われてみれば、
回すことをやめてもそうしなければいけない理由なんて
どこにもないのに。

プリエ、タンジュ、デガジェ
ロンデジャンプ、フォンデュ、
グランバットマンこれらの形や順番を
音に合わせてすることが目的のようになってしまうけど
動きながらアンディオールすることが目的だよね。

開いて回ってるようなバレエのポーズは
ちょっと柔軟性があって器用な人ならモノマネ出来るけど
アンディオールしてバレエを踊ることは
やっぱりそこそこの年数が必要で
ちょっとやったからって出来るものではないんだな。

正しいことをやると
本当に出来ることが限られて
モノマネばっかりで気が狂いそうになる。

そう言えばいつもピルエットで
パッセから下りれないって悩んでたんだけど
答えは簡単だった。

前パッセから後ろパッセに抜いてロンデジャンプで
後ろに入れる時回してないでしょって言われたの。

しっかり5番ポジションにって事は意識の中にあったけど
回して下ろしてなかった。
そこが形だけって言われるゆえん。

注意されること全部が
アンディオール出来てない警告って事を
なんだかやっと理解出来て
めちゃめちゃ凹み中。
【 2011/07/10 (Sun) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。