071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軸足7割の誤解

右の軸。
ロンデジャンプで軸探しにさまよってたら
苦しんでるねと言って先生お直し参上。

ここで立つためにはもっと左脚もアンディオールしないとダメだって
正しい軸に右脚を持っていかれ左脚をアンディオール。

ああそうか、右軸が弱いと感じていたけど
左の回しが弱いからなんだ。
どっちかだけを直そうとしても出来ないって事なんだね。

軸足7割動脚3割なんて思いこみ過ぎ。
やっぱ五対五にしないといけない。
軸足を動かすのは動脚より難しいって事の表れなのかも。
よく考えてみれば
どちらかの足を負傷した時
どっちか片方なら出来るかもなんて思ったら
結局どっちも出来ないなんてざらだもの。

よく軸強くとかもっと軸って言われるけど
結局上下に引っ張るとか何もかもって事だものね。
全部の方向に均等に伸びてる。

軸より先に動かしてる脚の注意が多いし
動かしてる方ばっかりの意識になるから
軸軸叫ばれてちゃんと立ってなくちゃ何も出来ないって
軸7割って勝手に強さのことだと勘違いしちゃってた。

両足から片足になる時に
どっちかだけ強かったら
絶対にバランス的におかしな事になるのは
考えたらわかりそうだけど
思い込みって怖ろしい。

勝手に苦しんでたんだ。
軸を回したかったら両方回す。
答えはこんな簡単だった。
【 2011/06/21 (Tue) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。