0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軸の変化

お稽古に行く前に
2年前の日記を偶然読んで
「グランプリエの謎」
いい事書いてるな~なんて自分で自画自賛(笑)

で、お稽古
始まったプリエの時から調子がよくて
4番で股関節が回ってるのがすごく気持ちよかった。

ああ、私こういうプリエが最初からしたかったかも。
先生が言ってたことが
2年越しで繋がったのがわかった。
嬉しいな~。

回せたらあちこち上がるって言うのもちょっと実感。
先生にはいつも通りもっと上げて~とは叫ばれたけど
回すのをやめたら途端に落ちていくから
わかりやすかった。

上げないと回らないのはもちろんなんだけど
回してるから上がると言うか、
最近そっちが自分の中で正解な気がする。
回ってないのに上げ続けるのは至難の業で
落ちてくるのは回し疲れてるからなのかも。
そしてアンディオールがいつもより回せると
重なってる場所も変わり、
当然軸も変わってくる。

プリエでアンディオールが
今まで以上の出来だったから(笑)
ルルベで立つことが出来ない。

得意だと思ってた
パッセバランスで全く手を離せなかった。

軸が微妙に変わったからだと思うけど
いつもプリマ先生が
上手に立つことなんか求めてな~い!もっと回して~!
もっと回すの~!!倒れてもいいから回して~!!!と
叫ぶ理由がわかった。

アンディオールされた軸は
現在進行形で回し続けているから
もっと行けるもっと回せるって事から考えたら
バーレッスンの途中で出来上がりってわけじゃないって事だもの。

センターでもパッセの軸がわからないままで
全然止まれなかったし
アラベスクもキープ出来なかったんだけど
先生の目からは今のでいいって言われて
未来があるって感じ。

終わってからアンディオール談義。
出来なくなることに未来があるって考えられるって
なんかすごいな~。
【 2011/06/08 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。