0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

足の裏と甲

足の裏が使えることと甲が出てることは別物。
甲が出た足が必ずしも使えるわけじゃなく
足の裏を訓練していくうちに、正しく美しく使える足になっていく。

甲が出てるとか出てないとかそんな基準でものを決めちゃダメだ。
そんなへなちょこの使えない甲は
偽物の宝石持って自慢してるようなものだ。

まあ、べつに自慢してるわけでも何でもなく
変な癖が付いてるだけの話なんだけど。

使えてないのに甲なんか出すな~!
そんなことよりやることあるでしょ~!!
っていつも言われてるんだけど
この前、そんなに甲が出た足が好き?って
先生に訊ねられてしまったの・・・

実は返す言葉が見あたらなかった・・・
外国人の足みたいに
こんななってあんななって(手振り付きで)伸びてる人
日本人にはあまりいないよ。

日本人はプリマでも真っ直ぐの足の人多いよ。
骨格がそう言う風にはならないんだと思う。

だよね~、骨格が違うんだからそこだけ真似したって
どうにかなるはずもなく、ましてやこんな大人が(笑)

で、内腿使って正しく足をルルベからポイントにすると
本当に真っ直ぐ使えるんだよね。
甲で足を押し出したり乗っかったりは出来ない。

それ以上甲を押して前に行く必要ある?
はい、無いです。
ただ楽な気がしてるだけです。
こんな変な癖はやめる努力をしないと。

きっとこんなだから発表会の時、捻挫したりしたんだわ。
得意の出来てる風バレエで。

手のひらで考えてみると
例えば拳を握るのに手の甲を考えてる人なんか
きっとゼロだと思う。

最近見る目が出来てきていろんな事が見えてきた。
なのに自分の事はあまりよく見えない。
考えて身体使わないと。
【 2011/06/06 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。