1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ふりだしに戻る

真っ直ぐの脚にしようと
変な小細工をしていたから
もう一度最初からやり直し。

私の脚はX脚で膝を押す癖があって
ねじれてしかもしなって(反張)いるから
その逆をしていたら直るかもなんてのは大きな間違い。

まあまあ反張膝は筋肉で関節を支えるようになってきたから
ひと昔前ほど変にしならなくなってきて改善はされてる。
そのかわりハム筋が伸びてないのが顕著にわかる。

ねじれていると
感覚的なものを適切に感じることができなくなるから
怪我をして痛くなるまでわからないって事が起きる。

一度半月板を怪我した時
痛くなって歩けなくなったらなんとかしてあげるからって(笑)
今考えればなんつー医者だよ、まったく。
対処療法しかしないって事だよね。

今はなんとか無事だし、自分の身体のことはやっぱり
自分で考えるしかないって悟ったし
だからこそよりいっそう真っ直ぐなアライメントを考え
筋肉によって関節を正しく使うことが必要だと思っている。

これはバレエに限った事じゃなくて
普段から気にして気を付けて改善していかないといけない。
ましてや気を付けて直したいのに
バレエがダメな方向に拍車をかけるようじゃ
たまったものではない。
そして長年バレエをやってる私の脚。
なんとなくそれっぽい(バレリ-ナ風)のだけど
訓練されてバレエに適した脚になってないから
長所と短所がごちゃ混ぜで
なかなか使えるようにならない。

普段はもちろん大事だけど
やっぱりバレエが出来る脚になりたい。

先生に言われたことと自分の脚で起きていることを
ちゃんと整理して何をしていったら
どう使ったら真っ直ぐになるか、
時間がかかっても変えていきたい。

真っ直ぐ立ってるように見える事が
真っ直ぐ立つ事じゃない。

真っ直ぐ立つって事が足の裏に感じなくちゃいけないって
今までさんざん言われてたのに
24~5㎝の足の裏全部使って立ってなかった。

ルルベの軸も足の裏で
変な小細工をしていたらしいのを先生に指摘され、
たぶんそれに思い当たる
深い理由があると思うって説明をしたら
そこで直すのは間違いで、
やっぱり太腿をもっと伸ばして直さなくちゃいけないと
ふりだしに戻ってきた。

でもひとつだけよくなってること
回すために外腿をほとんど使わなくなってるのが
昔よく凝っていた場所ハム筋と大腿四頭筋の境目
が全然凝らなくなってることで判明。

ここって、外側使ってて痛いのか
内側使ってて痛いのかよくわからなかったけど
メイトさん達がみんな凝っていて
先生がここは凝らない方がいいって。
やっぱりここが凝るのは間違いだったって今知った。

小細工無しで頑張ろう~。
【 2011/05/29 (Sun) 】 バレエ | TB(-) | CM(2)
NoTitle
こんにちは!
はじめましてです。いつも拝見しています。

週一でバレエを2年ぐらいやって、50歳までには
なんとか形にしたいと思い、お稽古数を増やそうと思っているところです。

私も極度のX脚で相当悩んでいます。
バランスがとりにくいですよね・・・
それと怪我もしやすいって聞きます。

これからも参考にいろいろさせていただきます
【 2011/05/31 】 編集
NoTitle
メドーラさん
初めまして、コメントありがとうございます。

脚の個性とどう付き合っていくか
本当に何十年も使ってるのに難しいですね(笑)
自分の脚なんだからもう少し使いこなせるように
頑張りたいと思ってますがなかなかどうして、
X脚談義したいですね~(笑)

私のようなつたないblogでも
何かのお役に立てたら嬉しいです。
【 2011/05/31 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。