0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

左右の使い方の違いを考える

軸の脚
左と右の使い方が違っていて
意識のあまりない左がいいって事を
どういいのかわかってないのがもどかしい。
左は普通に立ってるだけな感じなのよね。

右は右なりにきっとすごく努力してる(笑)
そしてそれはものすごく小細工してることになっちゃってる?

もしかして右軸は軸足が取られたり
膝や内腿のねじれに気が付かない
おばかな筋肉のアンディオールを保とうと
お尻の中じゃなく外側の大臀筋で
無意識に固めてしまうってことかな~。

それが股関節のすきまをつぶしてしまってるから
右軸の時に左脚にも不具合が起きる。
背骨の真っ直ぐが少しわかってきたから
左右でいろいろやりながら比べてみると
右脚を動かしてる時の背骨の感じと
左脚を動かしてる時の背骨の感じが違ってた。

この背骨の感じが同じになることをまず感じて
背骨が同じように使えるようにした方がいいのかもしれない。
なんかくどい言い回しだけど(笑)

ねじれが最強の敵(笑)

少し前まで
左の方がおばかで言うこと
聞いてくれないくらいに思ってたのに
素直でいい子だったんだ(笑)
【 2011/05/23 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。