1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

上をやめない

床に寝て
頭と足を引っ張り背骨を伸ばしてもらう。

この伸びた感じを忘れないで5番でアンオー。
背骨のすきまをひとつずつ伸ばして立つ。

そうそうそれ。
いつもそうやって立って。

この上下をどんなことになってもやめない。
片足がどこにあろうと
どんなポーズになろうとやめない。
引き上げるとか
腹筋だとか背筋だとかも大事だけど
もっと頭を突き上げてと言うのが
この日の重点というお稽古。

次にやることに夢中になって
すぐこの頭が上というのをやめてしまう。

プリエの時にやめてしまったり
アラベスクの時にやめてしまったり。
やめてしまったりと言ってもほんの一瞬なんだけど
その一瞬が命取り。

でもやっていて思った。
頭を上にずっと意識して引っ張っていたら
床も押せるしバランスもめちゃめちゃいい。
手や足の位置が変わるだけと言う感じ。

この上下の中に軸がある。
そんな当たり前のことを実感した。
何かやる度に軸を考えなくたって
ずっと上下の中にある。

そこがちょっと良くなったら
今度はエポールマンで上。

エポールマンでやってみると
首の向きを変える時に上がなくなる。
ここが課題だな。

ずっと引き上げて
アンディオールしていなくちゃいけないんだから
この上をやめてしまうなんて事が
本当は起きちゃいけない事なんだろうな~。
【 2011/05/18 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。