071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

肩が離れる

以前にプリマ先生が(もう4~5年経つかな~)
肩の付き方は人それぞれなので
自分が一番綺麗に見えるようなアムスを研究するようにとか
タオル持ってやる肩のストレッチした方がいいよとか
胸もっと開いてとか
胸に宝石が付いてると思ってそこ見せてとか
いろんな方向からアドバイスしてくれてたのだけど
いつしか
胸で頑張る人が現れて
胸で頑張らないでとか
胸もっと下げてとか
トップバストだけで頑張ってるとか
胸だけ頑張って背中が使えてないとか
もうそこはいいから力抜いてとか
真逆のセリフになっていった。

背中の使い方が正しい事がまず前提にないと
胸の頑張り方が間違った方向に行くって事なのね。

でもバレリーナの美しいデコルテラインを説明するのに
なんでこんなにも日本語通じないんだろうと悩んでいたと思う。
最近やっと言葉が通じるようになってきたって喜んでいたから。
で、上部のあばらもっと開いてと言われて
気持ちよくストレッチされてるのを感じて
アムスがもう一つ遠くに伸ばせる気がしたのだけど
今まで筋肉痛になったことのなかった
鎖骨と肩のつなぎ目が筋肉痛(笑)

鎖骨を引っ張るとか胸の上を開こうと思うと
そこの意識だけでは無理なので
肩やアムスの助けが絶対に必要になってくる。

股関節から脚を引き抜いて回すように
きっと鎖骨、方、腕、ここにももっとすきま作っていいのね。

また新たな発見だったわ。
【 2011/04/10 (Sun) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。