091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

回すから上がる

上半身を上げるから回せる。
上がってないから回せない。
回そうとするから上半身が上がる。
上半身が上がらないのは回してないから。

どんな風に感じ取るかは
それぞれの主張があると思うけど
回してるから上がると言うのが身体でわかってきた。

今までは上げることが先だったから
上げてないから回らないと言うより
上げることに一生懸命になって
回すに至ってないと言うようなことも少なくなく
回せるように上げてなかったって事なのかも。

もちろん上げるって簡単に言うけど
どこの筋肉をどう使って
どんな上半身になるかわかってなくちゃいけないし
どっちが先と言うことでもなく徐々に
出来るようになっていくものなんだと思う。

ただ最近の私は回してるから上がるから
上がってないときは回してない
回してるつもりでも回ってないって理解できる。
最近特に右脚のアンディオールがとてもわかってきて
変な癖も取れてきて使いやすくなってきた。

多分回ってるんだろうなと言うところから
私は回していますとプラカードが持てる感じ(笑)

なのでものすごく調子の良かったピルエット。
何?この感じ?素敵(笑)

先生にも1回目から今日イイネ~と言われ
自分でもびっくりするくらいのいい軸。
いいねって言われても良くないときもあるから
見てくれも中身も本当によかったの(笑)

ドロシー今日良いからちょっと前でやってと言われ
みんなの前でお手本。

そう言われてやるとけっこう
ボロボロでダメだったりするんだけど
良いところ見せよう~なんて小細工しないで平常心で(笑)

何度かやったけど全部成功♪
これは快挙だわ(笑)

先生の解説によると
床をしっかりとらえてプリエが出来てる。
その力があるから素早くパッセになれる。
アムスの力の流れが上半身を壊していない。
やってることがとてもシンプル。

いつも全体に向けて
プリエでもっと溜めてとか
床押してとか、浮かないとか、
腕振り回さないとか、
床蹴ってとか、膝とか、顔とか、内腿とか
脇とか、お腹とか、背中とか
いっぱい注意が飛び交ってて
どの注意も聞き過ぎて自滅傾向
直さなくていいことまで直しちゃう。

なので私は自分で回った感覚でなぜ出来なかったかを
自分で考えてから先生の言葉にヒントをもらおう。
先生も結局は自分の感覚が頼りって事言ってて
今は自分で考えて行動するレベルの時間かなって。
聞く耳を持たないって事ではなく。

先生が見本のドロシーがやってることを見て
言葉でみんなはこうなってるから
こうしろって言うことを言っちゃうと
またそれだけになって上手く伝わらないんだけどって言ってたけど
確かにそう。

この時私が意識して気を付けていたのは
パドブレから下りるときの指。
プリエの時のアンディオール。
パッセになるときのアンディオール。
軸は床を押したプリエから真上に立ち上がるだけ。
アムスに必要以上の力を入れない。
指先はエレガントにみたいなこと。

多分私の中身を見ていた人、中身を見れる人は
先生の言ってることが正しく伝わると思うけど
そうじゃなく見かけの形しか見られない人は
同じ事やってるのにどうして
出来ないんだろうって事になると思う。
ずっとそうだったから。

結局はアンディオールすればいいだけの話でもあるし
コツとかタイミングとかありそうだけど
一朝一夕には出来ない事なのよね。

次もちゃんとアンディオールが出来たら
調子よく回れるって気がする。
【 2011/02/16 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。