071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

何もかものもっと

お稽古は流れるように進み、
基礎クラスでプリマ先生に言われたことを
意識しつつの応用編。

本当に難しいことをやってるのよね~。
もうずいぶん長いことやってるのに
上手くなってる気がしない。

こう書くと出来るようになる気がしないから
あまり後ろ向きなことは書かない私だけど
ちょっといいかもって受けたお稽古が大撃沈で
どう浮上したらいいのかわからない。

でも、
この前めっちゃ凹んだって話をメイトさんにしたら
私も~って返事が来て
少し浮上(笑)

単純なやつ・・・

どこの何がダメだったか居残りで反省会(笑)
まず、リンバリングって言うか前屈しながら
これ以上この脚どう伸ばしたらいいと思う?
ここかな?これかな?こんな感じ?
で、鏡を見ながらメイトさんにいろいろやってもらう。

そして全然最大限に伸ばして脚を使ってないことを再確認。
ここまで伸ばさなくちゃ伸びて見えないって事だよね。

脚が一本になってもこのくらい伸びて立たないと
リンバリングやる意味がないかも。
ってか、伸びる脚なのにもったいない。

これだから先生にそれ、ルルベって言わない。
高いところの荷物取ってるの?とか
かかと床に着いてないで浮いてるだけ
背伸びなら誰でも出来るとか言われちゃうんだ。

ルルベは誰でもは出来ないこと。
バレエをやってるから出来ることなんだよね。

そしてやっぱり股関節ぐるりを離すしかない。
骨盤ごと上に引き上げるとか
腹筋使うとかなんでもいいからとにかく
動かさなくちゃ進まない。

何かを手に入れたかったら
何かをしなくちゃいけない。
【 2011/02/09 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。