091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リンバリング

前横後ろってリンバリングしていく時
今まで気を付けていたことと別のイメージ。

先生が全体注意で
軸がこんな風になってるって
真似してくれたのでひらめき。

今まで脚のアンディオールと
上半身アムスを使って
頭を遠くに伸ばしながら
背骨を感じてと言う意識だった。
この時軸なんかはほとんど考えていなかった。

で、軸って考えると
お尻をもうひとつ高いところに置いておきたくなる。
脚を上下にもっと引っ張って上半身を回さないと
軸が引けたり揺らめいたりする。

リンバリング特に前の軸はイメージされてなかった。
内腿離さないように、すきま空かないように
アンデダンしないようにって
そんなイメージだった。

横とか後ろの軸はすごく意識してたのにな。
もう一つ変われる。
バーに脚を乗せて横にストレッチ。
これも上半身と脚のあるべき関係が
少しわかってきた。

上半身をどこでたたむか。
アンディオールしながら~なんて、
わかってた様だけど
なんとなくの柔軟性にごまかされてた。

そして新しい折り目。
股関節にすきまを空けようと
股関節まわりに力が入ってしまい
自分でわからなくしてる。
これはもったいない。

これが、わかる時とわからない時の違いは
私はとにかくお尻の力が入ってる。

迷ってわけがわからなくなってる時は
ほとんどの場合股関節のお尻側の
入っちゃいけないところに力が入ってるって事なんだ。

ここが癒着してることにちゃんと自分で気付くことこれが大事。
気が付かないのが一番たちが悪い。

いつも誰かに言ってもらってたらダメなんだと思う。
まあ、初心者じゃないから誰も言ってくれないんだけど。
【 2011/01/29 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。