071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロンデジャンプの骨盤

ロンデジャンプでいつも言われること。

前タンジュから1番通過で後ろタンジュになる時
足が縦になってお尻が引けるから注意してと
アンデダンの動きだから難しいよと
よく全体に言われるのでそうならないように
回す意識を高めながらやっている。

先生はいっぺんに全員を見ることが出来ないから
二人組でお互い確認。
自分がどうなってるか相手がどうなってるか
どうしたらそうならないように出来るか
そう言うことがとても勉強になる。

出っ尻気味の人が特にそうなりやすいのか
お尻で回してるから上半身も揺れてる。
先生は本当に物まね上手。
自分がそこに当てはまらないようにっていつも思う。

股関節を切り離して軸が動足に引っ張られないように
腹筋で骨盤を真っ直ぐ上に吊り上げると言うことを
やっていれば解決かなと思ったら
違うところに落とし穴があった。

本当に一筋縄ではいかない私。
見てくれたメイトさんが
一番通過は大丈夫、さすがだわ~
でも
ロンデのアラセゴンからドゥバンでお尻引いてるかもって。

言われてやってみると確かに。
横から前に行く時にちゃんと最大限回しながら回していないから
動く脚に合わせて軸足のアンディオールもゆるむんだ。

これの応用で横に上げた足を前タンジュに下ろすのが
センターで出てくるけど
どうも苦手なわけがわかった。

足がどんなところにあっても回し続けるって
本当に難しい。
【 2010/11/26 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。