091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピルエットの下り方

自分の身体の癖を解読していくと
自然と答えに導かれる。

回ってるところまではいい。
問題はそのあと。
先生に言われるのはいつもここ。

いい時とそうじゃない時
何がどう違うか、
それは意識してるとかしてないとかじゃなく
悪い癖が表れてるだけのことなんだ。

やればやるほど悪い癖で修正しまくる。
だから泥沼。

いつも注意されてることを
思い出せば答えがそこにある。
自分で書いててやっと気がついた。
軸脚の使い方がタンジュと同じ作り方になってない。
行かなくていいところまで行きすぎてる。

ルルベパッセから下りる時に起きる様々な現象(笑)
何が一番の原因だったか。
2番目や3番目の原因を直しても
解決するわけがない。

脇、背中、お腹、アムス、軸足、
パッセにした足、アンディオール、
上半身の角度、顔、目線、
もっと上に伸びてとか、余計な力入れないとか、
振り回さないとか、床を押すとか、床を蹴るとか
いろいろ注意されて自分でも注意してたけど
軸足の根本がダメだった。

立ってる軸が多分見た目ではいい感じの
バレリーナの足なんだけど
私には使いこなせないんだよ。

ここで今一度原点に返る。

パッセバランスが出来ないのに
ピルエットが回れるはずがない。

そのパッセバランス。

回る時に明らかに違うことになってると
ダメなのは一目瞭然だけど
出来てる風を装ったパッセバランスになってると
そこに気がつかない。

私の場合甲に乗ったバランスで立つ方が
しっかり立てる気になってるものだから
回って下りれないパッセバランスを練習してたかも。

下りる時崩れるから
下り方を練習してたけど
そんなところを練習したって無駄だったわ。

もっと安全な下り方出来ないの?
練習すれば出来るようになるかしらって
垂直なガケを上手に転がり落ちる練習をしてるようなもの。

安全な下り方じゃなくて
安全なところに立ってから下りないとダメなのよ。

甲が出ちゃうって
なんかステキなことのように聞こえるけど
訓練した足じゃないと使いこなせないって事よね。

正しい筋肉の使い方でタンジュを訓練していくと
ステキな足になるけど
足首柔らかくて甲が出てしまうのは
危険きわまりないって事なんだわ。

足首が強くて甲が出る足は
そうじゃない人より
しっかり訓練しなくちゃいけない。
【 2010/10/04 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(2)
とても参考になります。私は逆ですね~
うまく立てる右軸は降りるのも安全。
私の場合は上手く立てないから左軸は落ちるしぶれる。
最後に伸びられるのは右軸が安定してるから。
左軸のルルベは足首が固くて上手く乗れないのです。

やっぱり結局パッセバランスが問題なんですけれどね。
そこがやっぱり肝ですね。
【 2010/10/04 】 編集
pandaちゃん
ほんとパッセバランスここが肝心。

片足軸をもっと強化しないと
自分のやりたいことが出来ないって
改めて感じたわ。

自覚のない強さや弱さ、
弱いって知っててもちゃんと暮らしていけるから(笑)
どの程度の弱さなのかってあまり気がついてない。
弱いところを他の所がカバーしてるから
同じように見えるし。

バレエ的な部品は揃ってきても
使いこなせないんじゃもったいないな~。
だからもっと出来そうなのにって言われてしまうんだわ。

>足首が固くて

固くても柔らかくても使いにくいわけだけど
足の裏、つまりポアントで言うソールの部分を
自由に使いこなせたらってことなのかもね。
【 2010/10/05 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。