1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

わかる事と出来る事は違う

長くやってると色んな事がわかってくるけど
わかったからと言ってすぐ出来るわけではなく・・・

でも、わからないと話にならないわけで
重要な情報ゲット(笑)

同じようにバレエの身体作りを
研究しているblog友達の情報。
ありがたや~。

言葉(文章)にして発信しているからこそ
いろいろ受信出来るって事なのかも。


それは前回の続き
股を上げる時
垂体筋に重要な役割があるらしい。
足もっと離してと言われるけど
ここを使うと足が軽く回せるって事かも。

アンディオール奥が深いな~。
きっといろんな方法があって
ひとつじゃないって気がする。
ひとつに固執してないでいろんな情報を得て
あらゆる方向から攻めないと
自分にとって何がいいのか
人の身体って大人は特にみんな違うから
特に難しいんじゃないかと思う。

腰椎を上げ始めて
こうしたらこうなるかもと言うのが
自分の身体の中でわかってきたけど
さらにここが繋がって
もう少し使えるようになるかも知れない。

下腹上げてとか
腹筋使ってとか
いっぱい叫ばれるけど
どう使うといいのかって事が
なかなか伝わりにくい。

ただいろいろわかってから
バレリーナの写真やビデオを見ると
なるほど、色々なタイプがいるのもわかるし
ここをこうして使ってるから
こんな風に出来るんだって
目から得る情報もだんだんするどくなっていく。

わかったことが出来るようになるには
まだまだ時間がかかるけど
ちょっとずつ進化して
軽やかに踊れるように頑張ろう~。
【 2010/10/03 (Sun) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。