071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

肩の研究

もしかして、
当たり前なのかも知れないけど
腰椎をちゃんと伸ばすと肩が上がらないかも。

ちょっと肩が上がってるって言われて
あちこち意識していろいろ研究中。

肩そのものよりも
ワキに原因があるかもとか
頭の位置に原因があるかもとか、
骨盤とか、腹筋とか、背筋とか
全部かもなんだけど
やればやるほどわかんなくなってきた所。

肩を注意されるほど上がってないし
上手くごまかしてたりするから
いったいいつ崩れるのかも自分で気が付かない。
背中の筋肉は上手く使えてるようだけど
キープで不安定の引き金が
アムスを動かすとこの肩の上がりに表れる気がしてる。

なぜ肩が上がるか。
色々原因はあるだろうけど
例えば伸びる順番、使う順番。

引き上げようと頑張って
肩やあばらを上げて背骨を伸ばすと
すごく伸びるようだけど
実は胸骨と外側だけ伸びて
腰椎までは思ったほど伸びない。

リンバリングのアロンジェで
腰椎を先に伸ばすとその上の胸椎は自然に整う。
胸椎を先に伸ばすと肩も上がりやすい。

やってることは似てるけど
順番が違うとすきまの出来方も違う気がする。

そして、もしかして
アンディオールがきちんと出来てたら
肩は上がらないのかも。
脚だけでアンディオールは出来ないんだし。

アンディオールがゆるむから
肩胛骨も肩もゆるむって気がする。

少しずつ偽物のピースが
本物になっていく。
【 2010/09/16 (Thu) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。