071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私のアラセゴン・過去の記憶

少し基礎が身に付いてきて
バレエの身体になってきても
つまずくところはたぶん
「初心忘れるべからず」の部分。
注意されるのが嫌でごまかしてた部分。

身体の中の悪い記憶。

あまり大声で注意されなくなってきて
直ったような錯覚に陥るけど
きっと根本が直るわけじゃなくて
気を付けているから隠れている部分。
もうずっと何度も行ったり来たりしてる
自分のアラセゴン。

もっと開けるとか言われるし
自分でも開いてるような気になってるし
常に回し続けることを意識してるけど
たぶん自分の最大限の記憶と
そうじゃない日の違いに迷いが生じて
わけわかんなくなるのではないかと分析。

どこなんだい?
私のアラセゴン。

脚を上げるのに力のいらない場所とか
こういう筋肉で使えたらいいとか
直されてる人を見てるとよくわかるけど
自分のはここかも知れないし
こっちかも知れないし
もしかするとここかもって
色々迷ったあげく絶対的なものには出会えず撃沈。

でも自分の過去の癖を思い出すと
使っちゃいけない筋肉とか
正しくないごまかしてる筋肉とか
その場しのぎの筋肉とか
いろいろあってそこを引いていくと
そのうち正しいアラセゴンの時は
いつもこうだというものに出会えるかも知れない。

出来てるフリしても
なんの得にもならないんだから
そう言うのはやめたらいいんだよね。

長く続けてると変なものにしがみつきたくなるから
出来てないことはいさぎよく
ばっさり切り捨てる事が必要。

一から出直そうぜアラセゴン。
また、タンジュから。
【 2010/08/16 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。