091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軸足で床を押す

軸足の床を押す感覚が少し掴めてきた。
伸びてるだけじゃなく押す。
これが私に足りなかった部分。

背中のいい時の感覚がわかってきて
不安や迷いがない感じでこの背中なら大丈夫とか
アンディオールの大転子を回す感覚も
真っ直ぐ垂直に立つ感じとかも
自分でもいける立てる回れるみたいな感じのいい感覚。

あんなに一か八かやってみなければわからない
不安な感じはいったいどこの何が原因だったんだろう。

やっと上がわかって
それに伴う下が何かわかってきたのかな。

当たり前なんだけど
床を押してたら安心ってあらためて知った。
へっぴり腰がどんだけ不安定かわかったのよ。

不安な気持ちが不安に拍車をかけるし
どんと構えていれば自信になる。
平気なフリしてても平気なわけじゃないから
平気になれるもの、自信に繋がる物、
信じられる何かがあるって事。

それが床にちゃんと立ってるって
当たり前のことだったのかも。
バーでのアンオーでパッセバランスも
アチチュードやアラベスクのバランスも
なんだかやけに調子が良くて
先生に「いいね~、少しわかってきたかな」と言われた。

アテールでのバランスがわかってきたら
ルルベになるからと言って
特別なことは必要ないのがわかる。

次にわかりたいのがプリエでの軸。
ここはまだ意識が弱いから
へなちょこなプリエになってても
ついGoサインを出してしまうけど
そのプリエの段階でもうあかんでしょって言うのは
注意されないだけで
多分先生にはお見通しなはず。

自分でも気が付かないと。
気を付け所はプリエ。

そこを気を付けてたせいか、
けっこういい出来だったのか
ピケターン×4シェネ×3
アラベスクでポーズのアンシェヌマン
シェネからアラベスクが気持ちいいほどうまくいく。
こんなにいいのは初めてかも。

ピルエットも
もっとしっかり軸を作る事を心がけると
1回だけ自分で納得出来る軸になれた。
先生もその時だけそうって。

いつもここに立って回りたいな~。

ランベルセの入ったアンシェヌマン
ランベルセの後が崩れるように次に行ってる。
ちゃんと起きあがってないのに
何をしようとしてる自分(笑)
雰囲気だけわかってやってしまってるんだわ。

正しい通り道を通らないと。
【 2010/07/14 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。