091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンディオールが解決

悩む前にとにかく
アンディオールすればいいのよね。

そしてアンディオールが出来なくなる理由を探れば
答えは意外に簡単に導かれるのかもしれない。

プリエが出来てないとか
タンジュが出来てないとか言う前に
アンディオールが出来てないから
プリエが出来てないって事に
もっと早く気づけば良かった。

ピルエットやシェネが
音に追われてぐちゃぐちゃになるのも
アンディオールが出来なくなってくるって事だし
振りの動きが雑になるとか乱暴になるのも
アンディオールし続けられないから。

例えば回ると言う動き
アンディオールしない動きは
何百、何千、何万通りもあるけど
アンディオールされた動きは
きっと一桁って感じなんじゃないのかな。

アンディオールの何が必要かって事が
プリエに凝縮されてると思うのだけど
この前先生に言われてハッとした。

回し続ける筋力が足りないと言うことと
回しながら脚を伸ばしてないと言うこと。

ついポジションに立ってプリエの菱形を作ることに
意識の半分以上があるのだけど
帰り、ドゥミプリエからポジションに戻る事の方が
力が必要だし難しい。
そして重要。

だってバレエのほとんどが
プリエから立つと言う動作がなくては成り立たないから。
タンジュにしてもポジションに戻るのは
出した脚のことだけじゃなくて両足の事なわけだし
回しながらポジションに戻ると言うことが
もっともっと必要な事なんだって思う。

もうほんとうに意識を改革しないと絶対にダメ。
やろうとする気持ちがないと
絶対に身体は楽な方楽な方に流れてしまう。

アンディオールし続ける事
もっともっと意識が必要~。
【 2010/05/11 (Tue) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。