071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

筋肉の躾

「アンディオールする筋肉を
ちゃんと回るように自分で筋肉に躾て」
いいこと言うな~先生。
しつけ、まさに身を美しくって事よね。

バレエは無茶なことをする事じゃない。
時には必要かもしれないけど
自分で訓練してしつけてそれが結果になる。

そう言われると
出来ない理由は何もなくなる。

たとえ無意識であろうとも
自分で命令して自分で動かしてるんだもの
ただ躾が行き届いてないってことなのかもね。

だからそれなりに年数は必要で
今日やって明日出来るって代物ではないのよね。

もっと自分の身体に責任持って
頑張っていきたい。

アンディオールするべき筋肉!
頑張って覚えてね。私の身体!
ちゃんとやってね。私の身体!
そんな風に応援してあげよう。

タンジュの脚
ここ何回か、やり方は合ってるって
ちょっとだけ褒められて
有頂天になりたいところだけど
嬉しいからと言って浮かれてる場合じゃない(笑)

褒められても
考えたりやらなくちゃいけないことは
次々出てくる。

ルルベになる時
上に向かってタンジュ。
ここがもっと出す脚のタンジュのように
自分で回してる感が欲しいところ。

立ってるポジションもタンジュしてる
エネルギーを持った脚で。


横のリンバリング
出来てるようでいまいちわかってなかったかも。
何度もそうですって言われているにもかかわらず
目的があまりはっきりしてないと言うか
身体が柔らかいままになすがまま(笑)

そんなだから肩胛骨の不安定感を
わざわざここで作って狂わせてる気がした。

せっかく出来かかってきたアムスを
これで台無しにしてるんじゃないかって感じ。

そうですって言われたリンバリングは
伸びてない方の脇じゃなく
縮ませてる方の脇をどれだけ縮ませないで
保っていられるかみたいな感覚。
そこを改めて発見。

注意されることや
アドバイスされることを
ただやって形だけ真似しても
その結果どうしたいのか、
はたまたどうなるかがわかってなければ
何度も同じ事言われるって事なんだわ。

真ん中もっと上とか、
アムスを覆い被せないとか
ねじらないとか、
肩上げないとか
立っていられないところで反らないとか
いっぱい言われて
わかってたつもりだったけど
注意されたやっちゃいけないことを
やらなければそれでいいみたいになって
全然身に付いてなかった気がする。

何のための横なのかって言われたら
胸から上を動かす為って事よね。
ここをはっきりわかってないと
バレエじゃない
ただの身体の柔らかい人なんだわ。
【 2010/04/05 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。