071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

理想を明確に

真ん中をもっと上げてかかととかかとの間が
1センチでも近づくように。
そう言われたのですごく頑張ったみたい。
今日の筋肉痛は内腿とお尻の付け根肩胛骨の下。

筋肉は使うんだけど
もっとスッと上に伸びていけるといいな~。
もっと回したい、
もっと軽く身体を使いたい。

お稽古中みんなにも言われた
もっとこうなりたい
そう言うものが曖昧だから
もっと明確に持った方がいいよ。
どんな脚になりたいの?
どんなボディになりたいの?
ダイエットするにしてもなんとなく痩せたいとか、
なんとなく軽くなりたい
なんて事じゃ絶対うまく行かない。
2キロ減らそうとか、5センチ細くとか
このパンツがはけるようにとか
目標を持った方がより明確に理想に近づける。

自分がどこまで出来るかなんて
誰にもわからないし
実際どんどん変わってきてる。
先生もみんなが変わるのを見て
私の指導は間違っていないって
自信を持って指導をしてくれている。

生徒自身がなりたいボディ目指して
やらなくちゃずっと変わらないし
やるのは先生じゃなく自分だ。

こんな充分すぎるほど大人になっても
ドロシーさんは180度目指していいって言われてるし
もっと出来そうって言われてるんだから
先生から見ると出し惜しみしてるって言うか
まだまだ何かが足りてない。

出来ない事、出来てない事には理由がある。

具体的な目標を先生にもらったので
どうすればそこに近づけるか考えないと。
今、まずやらなくちゃいけないのは
真ん中を上げる。
結果はかかとに現れる。

曲がってるものを真っ直ぐにする。
真っ直ぐに使う。
歪んでるものを正しく積み重ねる。
ねじれやすい自覚を持つ。
【 2010/02/14 (Sun) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。