091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピルエット三昧

久しぶりに回りもの。

誰にも言わなかったけど
実はすごく調子よかった(笑)
シングルはもちろんダブルも安定してたし
こっそりトリプルもやってた(笑)

途中から先生の
みんなに言ってる注意を
意識しすぎてわかんなくなっちゃったんだけど
ダメ(崩れそうでもうダメだ~)になった時に
もうひと伸びしてから下りると
ダメでも将来性があるって。
ピルエットは他の人の注意を聞きすぎると
ダメになる確率が多い気がする。
自分はどうかな?って意識したとたん
他の事がおろそかになるからなのかな。

先生もそれぞれみんな感じ方とか違うから
やっぱり自分で軸を見つけて作るしかないし
練習あるのみだよねって。

いろんな所(部分)を意識しながら練習して
こうしたらこうなると言うパターンを覚える事も
出来るようになるコツかもしれない。

それと、今まで言われてきた事や
自分がどう崩れていくかとか
今日の調子とか
自分がわからないと直せないって事もある。

この日ピルエットがすごく調子が良かったのは
私の場合アムスが安定してきたのも大きいと思う。
「ドロシーそう」って言われて
意識したとたん力が入り出して
形を作ろうとして自滅したけど
はじめは手の先の向こうに抜けた感じで
柔らかいけどしっかりしてるイメージ。

どこにも力が入ってなくて
すごく自然に回れた。
床を押すとか4番プリエでためるとか
軸を突き刺すようにパッセとか
回し開くパッセとか
背中上げるとかアムス壊さないとか
脇を落とさないとか
今まで言われた事何もせず。

なのに出来たのはちょっと正しい事が
出来るようになってきたからと思いたい。

次に、もっとはっきり顔をつけてと言われた時
基礎の先生が言ってた事を思い出した。
「エポールマンが出来ないのに
ピルエットなんか出来るわけないでしょ」と
ただ顔をつけるんじゃなくて
エポールマンなんだよねって思ったら
すごくやりやすかった。

回った後の着地が
いつも出来たふりっぽくて
気持ちよくなかったんだけど
ちゃんと回れてなかったからそれは当然で
正しい軸で気持ちよく回れたら
着地も当然気持ちよくて
当たり前の事が出来ていないって言うだけの事だった。

着地の乱れるのが
いつもどうしたものかと思ってたんだけど
ちゃんと回ればいいだけの事で
着地が崩れるのは着地に原因があるわけじゃないって事ね。
軸に下りてない、
軸に下りられないような回転って事。

この調子のいい軸がその日の調子の集大成だとしたら
今までの部分の注意から脱して
もっと軸伸びてとかもっと切れよく回ってとか
そこに繋がるのかな。

ああやっぱりもっとだわ(笑)
【 2010/02/05 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。