091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

頼りになる友人

いつも隣にいて大きな存在なのに
まるでいないかのように
私は一人で大丈夫よ、とばかりにその存在を無視してみたり
頼り切って一人じゃ生きていけないとまで思ったり。

きっと彼(彼女)が話せたら
私のわがままぶりは
相当な言われようだと思う。

さわってもいいけど折れるほど掴まるなよとか、
重い!とか、痛い!とか、
直接は言わないけど
そうとう我慢していると思う。

ごめんよ。
何も言わないからっていい気になって
アラセゴンの時ばかり
相当な力で頼ってると思う。
あなたがいないとダメなの私ってくらい
思い詰めてるかも(笑)
お稽古でいつも言われる
みんなバーに頼りすぎって。
みんな、足じゃなくバーを持つ手に軸があるよって。

そのバーを放してごらんと言われた時の
足を動かす丁寧さと緊張感。
もう少し自立しないとね。

その後、なんの時だったか
バランスが崩れてバーに掴まったら
そこ見られてたのか
バランスが崩れてバーに掴まるのと、
バランスが崩れないように
バーに掴まるのとでは全然違うから
それはOKって。

そう言えば基礎クラスの先生は
バーがあるんだからちゃんとバーを利用してと言う。
バーの使い方が違うとも。
いい気になってしがみつけって事ではないのよね。

どんな風にバーと
信頼関係を持つ友達になれるかって
もう少し真剣に考えた方がいいかもしれないよね。
バーから離れると
すぐ忘れちゃうんだけど。
先生に何万回も言われてるんだし・・・
【 2010/01/29 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。