071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レオタードに入ってる部分

基礎の先生によく言われるセリフ。
「どこかだけじゃなく
レオタードに入ってる部分まるごと全部上げて」
これのやり方がようやっとわかった(笑)

とにかくほぐれて伸びてなくちゃダメなのもわかった。
アムスがすごく重要なのもわかった。

わかったところで
リンバリングのたたみ方。
「携帯みたいにたたみたいの」
このたたみ方もわかった。

ハムが伸びてるとか腰が伸びてるとかは
後からついてくるもので
どこでたたむかが一番の問題だったわ。
洗濯物を干すように二つ折りとか
頭の力も使ってとか、
アムスで引っ張るとか、
固めるんじゃないとか、
そのためにどこほぐすとか、
どこ伸ばすとか
イメージとやろうとしてることの
情報量はハンパなかったけど
股関節からたたむって言うこの曖昧さ。

わかってたようで意外に曖昧にしか感じ取れない
自分の身体って感じ。

洗濯物で言うと、
わからなかった時は、股関節でたたむ脚の付け根が、
まるで羽布団を折りたたむような感じ。
それも、キルティングされたところじゃなく
なんとなくこの辺たたむのが
先生の言う、付け根だろうとか言う感じ。

大ざっぱと言うか
物干し竿にふわっとかけた羽布団。
これじゃあ目的は遠いはず。
そして一生懸命
羽布団のふわふわした部分を伸ばしてたわけね。

わかったのはこの谷折り部分。
谷折り山折りをきちんとたたまないと
仕上げの折り紙が綺麗な作品に仕上がらないのと一緒だったわ。

ちゃんとキルティングされた部分を折ると、
真っ二つになれる。

この二つ折りになる股関節を
ちゃんとすきまを空けてここだよって
印を付けることが出来たら、
布団で言う、キルティングされた所の羽根をよけると
物干し竿に安定してかけられるし
重みで嫌でも二つ折りになる。

そうしたら、嫌でもハムは伸びる。
頭も重たいから脚にくっつく。
ハムを伸ばしたら二つ折りになれるわけじゃなかった、
逆だった。

今までなんていい加減なところでリンバリングしてたんだろう。
時々「そうです」って声をかけてもらってたけど
ただちょっと出来てるかなって嬉しいだけで
その時は何がそうなのかわからなかったけど今はわかる。

わかってやるのとなんとなく出来ちゃってるのとでは
この先全然違うと思うわ。
【 2009/12/16 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(4)
NoTitle
レオタードに入ってる部分・・・
えっと、その部分がぁ、かなりヤバイっす。。。笑
【 2009/12/16 】 編集
NoTitle
うちの先生が股関節たたむ脚の付け根がわからなくなったら、和式トイレでしゃがむようにしゃがんでみてと、おっしゃいます。
そのとき折れるところが 正しいところなんですって。
そこで折ってから開くことを考えてと・・・
【 2009/12/16 】 編集
NoTitle
うわ~
Aちゃ~~ん!!
今週本番よね~頑張って~~~!!
応援しているよ~!!
【 2009/12/16 】 編集
NoTitle
umekoさん
そうよね、すごくわかります。
リンバリングしてプリエとかしてるわけだし。
なのにすごく実感なかったのよね。
何年もやってるとそこが儀式になってたのね(笑)

すきまが曖昧なままだから
きちっと折り目にたためてないと言うか。
ただ前に行けばいい的な出来ちゃってるっぽい形(笑)
身体が柔らかい人ほど騙される部分。

そこにめいっぱいすきま作らなくちゃ
携帯のようには折りたためないって知りました~。
そしてめいっぱいすきまがあると
腰が丸くならないで前屈出来るのわかりました。
ハム筋伸ばして腰を丸くしないようにって思ってたけど、
すきまの方が必要なことだったの。

やってるつもりとか出来てるつもりとか
もうそんなのばっかりで~、恥ずかしいわ~。
【 2009/12/16 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。