071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かかとを考える

かかとを押し出すとか、
かかとを浮かせないとか
かかと逃げないとか
かかとが向かい合うとか
かかとバランスにならないとか、
何かと言われるかかとだけど、
かかとを意識しすぎで自滅してる気が。

なのでこれからは
土踏まずと言う言葉に置き換えてみる。
良いことがいっぱいありそうなんだけどどう?

土踏まずを押し出す。
土踏まずを浮かせない。
土踏まずを逃がさない。
土踏まずが向かい合う。
土踏まずでバランス。
土踏まずで床を押す。
土踏まずでアンディオール。

場所が違うけどやってることはほぼ一緒。

ただ、かかとには筋肉を感じられないし
どこの力でって考えたら
かかとはどこで動かしてるんだろう?

もしかしてすねとかふくらはぎとか
いけないところも使っちゃってるかも。

土踏まずなら
土踏まずの力、足の裏の力を
直に感じられるんじゃないかなって思う。

X脚でかかとがくっつかないんだけど、
土踏まずを寄せようって思ってみると
ちょっと近寄れる気がする。

かかとは足の方向を指してるだけで
重要なのは足の裏だよね。
かかとの言い分が聞こえたら
また考えるわ。
【 2009/11/30 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。