091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひとりで跳んじゃってるアムス

せ~ので跳ぶ時。
例えば垂直跳び、
例えば幅跳び。
思い切り腕を振って勢い着けるはず。
脚だけでは跳ばない。

バレエはバレエのアムスがあるから
せ~のとはやらないし、
思い切り腕を振ったりはしないけど
やっぱり脚だけでは跳んでないし
アムスが跳ぶ補助をしている。

アムスを動かさないのだとしたら
気の流れみたいな物がある。
グランアッサンブレ、アラベスクソッテの時
肩胛骨から腕が離れて
アムスだけが跳んでる。
アムスが独り立ちしてるのね(笑)

上半身も腰も全部置いてきぼりで
アムスがいっぱい跳んでるのに
全然空中にいられない。

アムスだけ跳んでいかないで
全部連れて行って跳ぶ。

もっとしっかり肩胛骨意識してと言われ
アロンジェでポーズ。
アラベスクでポーズ。

最後にやったグランアッサンブレは
すごく滞空時間が長く感じた。
脚を集めてから着地とか考えなくても
集める時間がたっぷりある感じ。

アラベスクソッテは着地の時に
肩胛骨が安心してほどける。
こんな所で安心してる場合じゃないのに。

やはり
プリエが出来てないと言うのは
結局プリエするアムスにも
問題が起きてるって事だったのね。

弱点は肩胛骨。
肩のアンデダン。

跳び続けると肩が上がって来ちゃうってのは
自分で自分を苦しませてるって事なのね。

もう苦しまないように、呪文は
「苦しかったら肩胛骨」(笑)
【 2009/09/11 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。